スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【エージェント・リン】未来から来た女⑤

<前回までのあらすじ>
Screenshot-431.jpg
未来から送り込まれたエージェント・リン。
しかし請求書が払えないため、やむなく就職することになったのである…。


ほ、ほら、軍隊だと身体も鍛えられて一石二鳥じゃない?
Screenshot-417.jpg
自主トレもかかさないわ。
ターゲットを見つけた時にいつだって任務にかかれるようにね。

Screenshot-418.jpg
お、ちょうど良い所に木人があるじゃない。 \ゲシッ!ゲシッ!/

Screenshot-385.jpg
マミー「何か外で音がしてない…?」
レディ「気のせいでしょ?」

Screenshot-419.jpg
ふぅ、いい汗かいた。
…それにしても、あの頭につけてる耳みたいなのはこの時代の流行かしら。

続く。
スポンサーサイト

【エージェント・リン】未来から来た女④

<前回までのあらすじ>
Screenshot-420.jpg
未来から送り込まれたエージェント・リン。
彼女は、ジムに住み着くのであった…。


リン「ターゲットは今必死に捜索してますから…今何か通りませんでした?」

そんなある日。
Screenshot-424.jpg
謎の男「おっとねえちゃん、お邪魔するぜ。」
リン「だ、誰よあなた!?人の家に勝手に入ってくるなんて!」
謎の男「へへ、これも仕事なんでね。あんた請求書払ってないだろ?」

Screenshot-425.jpg
謎の男「とっくに期限が切れてんだ。だから代わりに家具を回収に来たってわけよっと…。」

Screenshot-426.jpg
謎の男「家具は回収だーッ!!!」
リン「何その汚物を消毒するみたいなセリフ!ちょ、やめなさいよ!!」

Screenshot-427.jpg
謎の男「これに懲りたら請求書はちゃんと払うんだな。次は身体で払ってもらうぜ、へへへ。」
リン「…許せない。勝手に入ってきて断りも無く家具を持っていくなんて……。」

Screenshot-428.jpg
リン「成敗ッ!!」

Screenshot-429.jpg
謎の男「…ッ!!俺の車どこにいった!?」

自称「過程を削除し『結果』だけを残すプロ」であるリン。
しかしその力が任務に使われる日はいつになるのやら…。


続く。

【エージェント・リン】未来から来た女③

<前回までのあらすじ>
Screenshot-408.jpg
未来から送り込まれたエージェント・丹波リン。
しかし未来とののギャップに悩むのであった。


リン「知らなかった、この時はEXILEって100人も居なかったのね!」

…ってこんなことしている場合じゃないわ。
ターゲットも見つからないし、
身体がなまらないようにトレーニングだけはしておかないと。

Screenshot-409.jpg

…どういうことなの?
優秀なエージェントであるアタシが、
こんなランニングマシーンで引きずられるなんて。

Screenshot-412.jpg

どうして!?筋力もこんなに低下しているなんて…。
ぐすん…きっとタイムワープの影響ね…。
隣のお兄さんも見た目の割りに全然ダメなのね。
アタシたち、なんだかイイ友達になれそうだわ。

Screenshot-410.jpg

ふぅ…。
それにしてもこの施設はプールやお風呂もあるし充実してるわね。

Screenshot-411.jpg

あ、ここの飲み物タダなんだ、ラッキー♪

寝巻きにまで着替えて
完全にジムに住み着くつもりのエージェント・リンであった。


続く。

【エージェント・リン】未来から来た女②

<前回までのあらすじ>
Screenshot-397.jpg
未来から送り込まれたエージェントである丹波リン。
しかし用意されていた住居はキン肉マンハウスだった。



朝になったわ、早速行動よ。まずは人の多いところに行って情報収集ね。
Screenshot-402.jpg
運転手「ねえちゃん見ない顔だね。どこから来たんだい?」
リン「未来からよ。」


…笑われたわ。あ、アタシは事実を言っただけよ!
Screenshot-404.jpg
気を取り直してここが公園ね、緑が多くていい所だわ…。
この緑を守るためにも早く任務を終わらせなくちゃ。

…ところでさっきから周りが騒がしいんだけど、
何かあったのかしら?
Screenshot-406.jpg
町人A「なんだあの女!露出狂か!?」
町人B「パパー、あの人寒くないのかなー?」
町人C「しっ!見ちゃいけません…!」


Screenshot-407.jpg
ぐすん…未来じゃこれが普通なのに…。

未来とのギャップに翻弄されるエージェント・リン。
彼女は任務を達成することができるのだろうか(警察のお世話にならずに)


続く。


<衣装協力>
Starfire Outfit (DC Comics Version)

どう見てもスターファイアーです。ほんとうにありがとうございます。

【エージェント・リン】未来から来た女①

12.jpg
―アタシはリン。理由あって、歴史を変えるべく未来から送り込まれたエージェント。
安心して。我々は過程を削除し『結果』だけを残すプロよ。


そういえばこの地点に住居が用意されていると聞いたんだけど…。

Screenshot-399.jpg

ところで後ろにあるのはお手洗いかしら?
ちょうど良かった、タイムワープの前に行きそびれたの。
お邪魔するわね。

Screenshot-397.jpg

…この時代のお手洗いは、お風呂やベッドまで用意されているのね。
未来より進歩しているものがあるだなんて驚きだわ。フフ…。

Screenshot-398.jpg

……え ココ?

ちょっと!聞いてないわよ!こんなのまるでコレじゃない!

jinniky.jpg
↑コレ

Screenshot-400.jpg

ぐすん…さっさと終わらせて帰ってやる…。


思いつきで始まった新章。彼女の目的とはいったい何なのか!
そもそも中の人の目的がなんなのか!
(可愛いシムを見つけると新キャラ作りたくなるよね よね)
次回に続く。
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

紅玉亭毒林檎

Author:紅玉亭毒林檎
まさに外道

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
【東方】ゆっくり霊夢時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。